素敵な歯医者を見つけ半年以上、歯医者に通えるようになった

ずっと虫歯や抜けた歯があったのですが今まで歯医者が凄く嫌いで行くのにとまどっていましたが、もう市販の薬では効き目が出ないほど歯が痛くなったので、インターネットで色々調べてあまり大きくない所を選んで歯医者に行って来ました。
最初は、どきどきしましたが、麻酔や治療がほぼ痛くなく先生も助手さんもとても良い人ばかりで、いつもなら歯医者に行っても3ヶ月もたなかったですが今は、もう半年続けて通っています。
今までいつも途中で治療を辞めてしまうので、あまり綺麗な歯にまで辿り着けなかったですが、今回は最後に全部綺麗に出来るまで通えそうな気がします。
自分の歯が、少しづつ綺麗になっていくのは、とても気持ちのいいものです。
きちんと調べれば良い歯医者はたくさんあると思うので長く通える歯医者を探すのが1番です。
歯は本当に大事なものです。
他人と会話していても歯が汚いと、とても気になってしまうし可愛い顔でも歯の印象だけで変わってしまう事もあります。
以前は歯を磨いたら、しみたり痛くて磨けない箇所もありましたが、今は磨いても全然痛くないので歯を磨くのが楽しいとさえ思えます。

以前の引越しは大変でした

結婚して子どもが生まれてから、アパートから一軒家へと引越しました。
20年ほど前のことでした。
そして、いわゆる引越し業者に作業を依頼しました。
わたしにとって、引越しの業者に依頼するということは、初めての体験でした。
夫は仕事があるので、引越しの日までに荷物をダンボールに入れておくように頼まれたのでした。
今ならば、食器の梱包などの細かい作業も業者がおこなってくれることが多いです。
しかし、そのころは、引越しといえば、荷造りなどは自分でおこなうことになっていました。
そして、ダンボールに詰められた荷物を、業者が運んでくれるという形になるのでした。
まだ1歳にもならない子どもがいる状態で、荷物をダンボールに詰めていくという作業はなかなか大変でした。
しかし、夫は昼間は仕事なので、頼ることはできませんでした。
そして、けっきょく、そういった作業はひとりでおこなったのでした。
こういったことまで業者がおこなってくれるなんて、現在の引越しは楽になったんだなあと、広告などを見るたびに思っています。
また、引越しをおこなうようなことがあったら、その時には、そういった細かい作業も業者に任せたいと思っています。
引越しの手間は簡単な方がいいからです。
急な引越し

お金を貯めるには健康を維持しよう

どれだけお金を貯めるために努力しても、健康が維持できなければ医療費などにお金を使ってしまい、結果としてお金がないという状態になります。
もちろん、健康のためにお金を使いすぎてしまっても同じことです。
健康のためにお金を使うのであれば、通販を利用して買い物をするのが一番いいです。
通販は信用されなければ意味がありません。
それだけ効果のあるものしか置いていないものです。
普段の買い物も通販を利用すれば、お店で買うよりも安く買える可能性があります。
通販には、様々な効能をもったものが安く売られているものです。
自分の体調などを考慮して、必要なものを購入するとよいです。
健康的な生活を送ることができれば、自然とお金もたまっていくものです。
運動などを始めれば、娯楽などにお金を使わずに済むので節約になります。
人間、暇になると余計なことにお金を使ってしまうものです。
健康になるという目標があれば、必要以上にお金は使わないものです。
健康に本当にいいものには、それほど高額の値段はつかないものです。
お金を稼ぐにしても、体が健康でなければできないものです。
健康的な生活は一日や二日で身につくものではありません。
お金を貯めるにも、少しずつ出来ることを続けていくべきです。
借金 減額

女子高生と電車

昨日は特にすごかった。
まだ席の空いている車内で、わたしは両側に一つ席の間隔を空けて座り、早速スマホで読書を始めた。
気が付くとだんだん席も埋まり始めてきたとき、「ドスン」と誰かが横に座った。
座り方のイメージとしては、かなり体格の大きい人かと思いきや、ふと横を見ると、女子高生。
まあ、いいか、とスマホに顔を戻して、続きを読んでいると「ガタン」と電車が揺れる。
そのたびに、目の前に長い黒い髪の毛が。
乗り込んですぐに女子高生は居眠りをしていたらしい。
(よいしょ)と私は少し肩を動かして、隣の女子高生をもとの位置に戻してあげた。
すると、横の女子高生は(なんなの、この人?)という顔をしていた。
(え?あなたがこっちに倒れてきたからでしょ??)こういう日の通勤時間はかなり気分が暗くなる。
女子高生の足元がふと目に留まる。
(サンダル・・・?)クロックスのようなサンダルを履いていました。
そして今は朝の9時。
完璧遅刻だね、この子・・。

ラーメンへのこだわり

私はラーメンが大好きです。
というのも、私は九州出身なのです。
なので、豚骨ラーメン以外はラーメンとは呼びません。
味噌ラーメンは「味噌ラーメン」で、醤油ラーメンは「醤油ラーメン」であって、ラーメンではありません。
(あくまで、豚骨ラーメンしかラーメンとして認めないというだけであって、決して味噌ラーメンと醤油ラーメンが嫌いなわけではないですよ。
)ラーメンの麺は、固ければ固いほど好きです。
また、細ければ細いほど好きです。
皆さんは、麺の固さの種類を知っていますか?麺は「かため」「バリカタ」「ハリガネ」「粉落とし」「湯気通し」という順番に固くなっていきます。
「粉落とし」「湯気通し」あたりは、慣れていない人が食べると、次の日にお腹の調子が悪くなるそうです。
ご注意ください。
しかし、私はいつも粉落としを注文するのです。
麺も、そうめんのように細い細いものが大好きです。
このように、私はラーメンのこだわりに関しては根っからの九州人なのです。