ツルバダジェネリックのTENVIR-EMを予防で飲むためには?

ツルバダジェネリックにTENVIR-EMという医薬品があります。
もちろん、ツルバダ錠のジェネリック薬なので有効成分や効果は同じです。

エイズのための医薬品ですが、エイズ予防のために服用している方も多いです。
詳しい効果や副作用、通販で安く購入する方法など詳細は下記の記事がわかりやすいです。

▼関連記事▼
ツルバダ錠ジェネリック「テンビルEM」の最安値通販&効果と副作用

TENVIR-EMは逆転写酵素阻害薬と呼ばれる薬でエイズウイルスの増殖を抑えて
エイズによる症状を緩和する効果があります。

中には、エイズ感染する可能性のある行為の日だけ飲めばいいと考えている方もいますが、
実際にはその飲み方ではエイズを予防することはできません。

テンビルEMは行為のあるその日だけではなく事前に飲み続ける必要があります。
毎日1錠を1ヶ月程度飲み続けないといけません。

このようなテンビルEMの飲み方はPrEP(曝露前予防内服)と言われています。
英語や漢字でわかりにくいと思いますが、単純に性行為前に飲むエイズ予防です。

ちなみにPrEP(曝露前予防内服)とは異なるPEPという予防方法もありますが、
PEPは性交渉をした後に薬を飲むので予防とは異なります。

このPrEP(曝露前予防内服)はしっかりと飲み続ければ90%以上の予防効果があります。
なので1日1回1錠を飲み忘れることなく服用することが必要です。